July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

妻夫木聡の「憑神」にみる神様との付き合い方

今日のTSUTAYA DISCASさんからのDVDレンタルは妻夫木聡の「憑神」・・・WOWOWで見逃しちゃったのと以前に「どろろ」を見て「おっ妻夫木くん!時代劇OKやん!」と思ったから。そしてこの月末、即行でレンタル出来そうな作品をと抱き合わせでBunnyGirl のリクエストのディズニー作品「フォーンテッド・マンション」を予約リストの上位に設定してたの・・・でぇ〜「憑神」の感想は?一言で面白かった(笑)浅田次郎原作ってこともあるので、冬の寒さが本格的になったこの時期に気分をほっこりさせてくれる作品でした。


憑神 つきがみ 困った気な妻夫木くんが最高!「どろろ」からファンになってしまった・・・来年のNHK大河ドラマ「天地人」に乞うご期待だわ!

結構、精神世界やニューエイジ、スピリチュアルにカテゴライズされる本などを好んで読んでいるDragonWomanですが、この「憑神」のような娯楽性のある神様噺を作品にしたものでも「こども騙しなっ!」という感じではなく、楽しんで気付きとして捉え見たりします。スピリチュアルな本に書かれてあるようなことが、かなり的を得た表現でストーリーの中に盛り込まれていたりして、「なるほど!そういうことか!」と新しい発見というか、またまたこの世に生まれて来た事を「ありがたぁ〜」と感動しちゃったりしました。

ストーリーは妻夫木聡演じる下級武士のお家の冷や飯喰い(次男坊)別所彦四郎が自分の境遇に嘆き、長年の付き合いでもある夜泣き蕎麦屋のおっさん甚平(香川照之)に三国稲荷にお参りして榎本武揚みたく出世しろ!と唆される。で、三国稲荷を三巡稲荷と勘違いしてお参りしちゃったことから疫病神に憑かれちゃうの。その疫病神も個性豊か。貧乏神の伊勢屋(西田敏行)、疫病神(赤井英和)、死神(森迫永依)と次から次へと彦四郎に災難を持ちかけるっていうお話。


憑神の妻夫木聡って何か?頼りなさ気なんだけど物語が進むにつれドンドン格好よくなるのよねぇ〜

でも、彦四郎は挫けない。自分の横着で願った「出世」が元凶であることをさっさと認めちゃうの。で、自分だけならまだしも家族に災難が及ぶと厄病神達に喰って掛かり家族を守るために奔走するの。その奔走っぷりが疫病神達を唸らせちゃう!疫病神も疫病神で高次元の神様からせっつかれてる。さっさと仕事をやっつけろ!と・・・まるで企業戦士の様にノルマをこなしてナンボ!みたいな疫病神達。だけど彦四郎の気真面目さ?筋を通そうとする気でもって疫病神達の方が情に絆されちゃって泣かされちゃうの(笑)

ナンとかこうにか災厄を逃れられたのに疫病神達の努力も虚しく彦四郎は「生と死」をきちんと自分の中で消化してしまうのね。で、「神様には出来ないけど、人間には出来ることを見つけた」とかって言い出して死神を困らせちゃう。最後は武士の本懐を遂げ潔く死んじゃうんだけど「死によって志を遂げる」というやり方は神の世界ではあり得へんことのようでかなり困ってたなぁ〜死神。時代設定が幕末で今までの常識が覆されるような今でいうところのアセンション的時代背景なのよね。

主人公の彦四郎は自分の現実という今、目の前で展開されている状況に抵抗しなくなっちゃうの。全てを受け入れるってこういうことか?って幕末に生きていた訳ではないので解らないけど、相当なショックだと思うのよ。あれよあれよという間に信じていたものが崩れ去るって・・・だけど、怖気づかないで全部受け入れちゃう。昨日まで当たり前だったことが今日、180度全く違うものになるなんてこの時代を生きていた人達はエネルギー的に凄い影響を受けたんじゃないかなぁ〜

明治という時代を前に文明開化とは言ったものの私達がすぐそこに迫り経験するであろうアセンションの時代と様相は違えど何か?繋がってる!って思ったのよねぇ〜前時代の常識や意識に縛られ留まるか?勢いに乗って変化するか?彦四郎は自分のやり方で明治という次元にアセンションしたって感じ?死神に気に入られて「ずっと一緒にいる」と言われても「そうか?よしよし」という余裕・・・思いっきりポジティブシンキング!プラス思考バリッバリの意識には神様をもってしても災難も幸運にしてしまう。っていうか、人間如きが神の意識に新たな気付きをもたらすことがあるかも!っていうとってもハッピーエンドな作品でした。


憑神 浅田次郎原作なので読んでみたくなった。「壬生義士伝」で大泣きさせられたんでねぇ〜泣き入れられるかもじゃない?

脇役陣もかなり個性的で彦四郎のお兄ぃさん役に佐々木蔵之介。この兄上がめっちゃ面白い!厄病神が呆れるぐらいの能天気で美味しいとこ捕りの名人なのよ(笑)モノは考えよう思いようで人間いくらだってハッピーやラッキーにありつける!どんな不幸に見舞われようと美味しいところだけは見逃さない厚かましさ!見ていて気持ちよかったわ(笑)で、最後に流れるエンディングテーマが最高!「御利益」というタイトルで米米クラブの曲なのよ。「御利益ぃ〜♪パンパン(拍手)こぉ〜〜〜ん(お稲荷さん)」って感じ?


御利益は神様を拝んだだけでは頂けない!受け取る準備が出来てなきゃ神様だって「どないすんねんっ!」と焦っちゃう。受け取る準備・・・出来てますか?

にほんブログ村 芸能ブログ エンターテインメントへ ←御利益ぽち
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ←罰当たりぽち
ブログランキング ←願掛けぽち
人気ブログランキング ←疫病神は私の中にいる!えっ?私?そうっあんたのエゴよ!ぽち

JUGEMテーマ:時代劇

スポンサーサイト

pagetop