July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

明けまして!ありがとうございます!

明けましたね!2009年、おめでとうございます!新年の初っ端に今年の抱負みたいなものを書いておこうかと思いましたが、2、3ヶ月して全然やっつけられていないことに呆然として焦っては投げ出しちゃう恐れもありそうなので、堅いことバッサリ、すっぱり、きっぱりと抜きにゆるゆる、グダグダで今年もやっていこうと思いますので!どうぞよろしくお願い致します。でね、クリスマス以降バタバタで時間は流れ絶対に2009年という歳がやってくるのに「あれもしなくちゃ!」「これもしておかなくちゃ!」と12月はあらゆる片付け物に振り回された年末を過しておりましたが、2008年12月31日20時になって「何をしてたんだろう???」と我に返ったような出来事がありました。

皆さんは紅白歌合戦やダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日スペシャル、格闘技史上最大の祭典DYNAMITE!!を見て感動したり熱くなったりされていたと思いますが、我が家のリビングでは地味ぃ〜にNHKの教育テレビで放送されていたN響第9演奏会「交響曲第9番二短調作品125合唱つき」というのにチャンネルを合わせていましたので、そのお陰でおじぃちゃんの部屋で娘のBunnyGirl は大笑いしてキャキャとはしゃいでいました。きっとガキ使でも見ていたと思います。が、DragonWomanは脇目もふらずに1時間20分聞き入って?見入って釘付けになってしまっていました。いやぁ〜本当に年末、慌しい先週の週末から大掃除を始めましたがBGMは「第9」。

そうなんです!長年、大掃除といえば「第9」をBGMに何か高貴な気分で掃除をしてた?いやそうじゃないな・・・テンションが上がるからか?毎年のことなので何故か?は考えたこともありませんでしたが、達成感が倍増しになるのは確かで癖のようなものだったんですが、改めて年の瀬に「第9」を合唱つきで聞くと感動どころの騒ぎじゃなくなって、驚きというか?めっちゃ大袈裟ですが「生きてるっ!」というような気がして来て泣いてしまっていました。クラシックなんて殆ど聞いたりしないヤツですし、ゴシック系の趣味も全くヤツなんですよね!だけど、「第9」を目の当たりにすると人間の習性的何か?こう・・・マジで反応するっていうか・・・

要は一口で表現すると「歓喜」そのものなんですねぇ〜ベートーベンが生きていた時代、人々の反応を計るデータのようなものもなかった時代ですし、どの音が人の耳やバイオリズムに反応を起すか?なんて考えても見ない時代だっただろうに・・・すんごい音楽家がわんさかと出た時代でしょ?なんかいつものトンデモ話になっちゃいますが、神と繋がっていた人達がいっぱいいたんじゃないか?なと!神という表現を言葉や文字にすると偏ってしまいますが、うぅ〜ん宇宙と繋がっていたんじゃないの?と真剣に思ってしまうぐらい、体中が震えちゃうぐらいの感動をもたらす調べなんですよねぇ〜生きとし生けるもの全て!生命という神秘に美しさに諸手を挙げて喜びなさい!と神さまからベートーベンを通してメッセージという贈り物が届けられたんじゃないか?

そんな風に感じてN響第9演奏会「交響曲第9番二短調作品125合唱つき」を見ていました。新年を迎えるにあたって、あれもしなけらば!これもしなければ!とワチャワチャしていましたが、何もせんでも明日にあるしぃ〜新年は迎えられるで!ただただ生きとぉ〜っていう悦びをこの瞬間に感じてみたら?勿体無いやっちゃ!と神さまが苦笑しているようで「よっしゃぁ〜〜〜〜っ!笑わしてもらいまっせ!」と、そのあとダウンタウンとココリコ、山崎に息が出来ひんぐらい笑わせてもろて、行く年はよう笑わせてもらいました。来る年もどんなことがあっても笑えるだけの気合で満たして生きたいと思ったしだいであります。

が、ね!今、「朝まで生テレビ、元旦スペシャル」で出演者の人達が厳しい顔をして世界金融危機を論じていますが、DragonWomanは笑えるだけ豊かなヤツだと思います。苦しいことだって沢山ありますが、受け取り方、感じ方しだいでまだまだこの世の中捨てたモンではないと思います。貧乏人の戯言と言われてしまえば下も子もありません。が、豊かさは自分の中にしか存在しない!これはマジ!本当のことだと体験もしました。皆様も来てしまった2009年を「そんなんアリアリ!」と怯まず退かず、「何でも来んかいっ!」的、当たって砕けろ精神炸裂で世知辛い現実、2009年をお互い乗り切って生きましょう!では、本年もよろしゅうに!


NHKクラシカル 朝比奈隆 NHK交響楽団 ベートーベン 交響曲第9番二短調「合唱つき」(DVD) その調べにマジ!泣いちゃいます。クラシックなんて聞いたこと無いって人も人間の習性で十分に感じられる。生きているっていうことがこんなに喜ばしいことだってマジ!歓喜しますよ。

にほんブログ村 芸能ブログ エンターテインメントへ ←歓喜ぽち
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ←激怒ぽち
ブログランキング ←哀愁ぽち
人気ブログランキング ←気楽ぽち

JUGEMテーマ:クラシック音楽

スポンサーサイト

comments

   

trackback

pagetop