March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

映画「クローズZERO供廚隆響曄▲優織丱戝躇奸小栗旬が絶対に譲れなかったもの

映画「クローズZERO供廚公開されて1週間目の昨日、ウチのBunnyGirl と一緒に観て来ました。感想は単純に素直に面白かった!と言えますが、高橋ヒロシ原作の「クローズ」の熱狂的ファンの反応はどうなんでしょうかね?前作の映画「クローズZERO」に引き続き、ちゃんと受け止められたのかな?原作ファンをうっちゃらかしても面白い!と言える作品なんですが、受け止め、受け入れてもらえているなら興行成績も大切だろうけど、製作陣、キャスト、スタッフ、映画「クローズZERO供廚亡悗錣辰秦瓦討凌傭が「ヨッシャー!!!」なのになぁ〜と心から応援したくなった映画「クローズZERO供廚任靴拭

クローズZERO01

てな訳で見っぱなしじゃ終わんねぇ映画「クローズZERO供廚隆響曚箸△蕕垢犬蓮ΑΑΔ海海ら多分にネタバレを含みますので注意して下さいね!G・P・S(Genji Perfect Seiha)と芹沢軍団の戦いから数ヵ月後の鈴蘭男子高校、源治(小栗旬)はリンダマンこと林田恵(深水元基)との戦いに固執し、惨敗ばかりしていてG・P・S、芹沢軍団のメンバーともに呆れムード充満。忠太(鈴之介)や伊崎(高岡蒼輔)、マッキーこと牧瀬(高橋努)の「もうええやん(呆)」という言葉にも耳を貸さずG・P・Sは空中分解寸前の危機!一方、芹沢軍団も沈黙したまま、1年生トリオもやりたい放題で鈴蘭は纏まるどころかバランバランの解体状態だったある日、ひとりの男が少年刑務所から出所して来る。

クローズZERO02
リンダマン(深水元基)を倒すことに執着し、絶対に諦めない源治(小栗旬)

その男、川西(阿部進之介)は元鈴蘭トップで2年前、鈴蘭に対抗する”殺しの軍団”の異名を持つ凰仙学園と血の抗争で凰仙のリーダー美藤真喜雄(山口祥行)を刺殺してしまった。それ以来、鈴蘭と凰仙は休戦協定が結ばれていたが、出所後、殺してしまった美藤真喜雄の墓参りに立ち寄ったが最期、凰仙のスキンヘッド軍団に取り囲まれ、猛ダッシュで逃げ延びた先が鈴蘭だった。そこへたまたま通りがかった源治が「なんやねん?こいつら?」と先に手を出してしまい、休戦協定がパーになってしまう。そして鈴蘭のトップに起てないなら凰仙に!と卑劣にも鈴蘭内情をお土産にちゃっちゃと転校して行った鷲尾郷太(波岡一喜)。現在の凰仙トップの鳴海大我(金子ノブアキ)は「鈴蘭を獲る!」と美藤真喜雄の仇討ちを宣言!

クローズZERO13
RIZE(雷図)のあっくんこと金子ノブアキ演じる鳴海はクリエイター気質!実弟のkenkenの地毛を活かしてマコ役っていうのもOKだった。あとCharの息子JESSEこと竹中空人も何処かに登場させて欲しかった!

美藤真喜雄の弟、1年生にして凰仙幹部に取り立てられている美藤竜也(三浦春馬)に強い凰仙を引き継がせようとするが、竜也は「自分のやり方で強くします」と興味無さ気。そして凰仙スキンヘッド軍団によるカラス狩りが始まり、鈴蘭の先鋭たちが次々と血祭りに上げられていく。その頃、鈴蘭の看板なしでは無力な川西は矢崎組に居るはずの片桐拳(やべきょうすけ)を訪ね、構成員に志願する。が、組長の矢崎丈治(遠藤憲一)に拳の墓参りをして来いと言われる。源治は相変わらず「邪魔臭ぁ〜」と何もしないでイライラしてる。源治VS芹沢対決後、G・P・Sに加わったお気楽ツインズの三上兄弟(伊央登、右典兄弟)ですら源治の行動心理が解せず「?」だ。

クローズZERO14
三浦春馬くん演じる美藤竜也は原作ファンでも納得のイメージじゃないかな?

そんな中、伊崎は鈴蘭を纏めるため、源治の変わりに芹沢に勝負を挑むがやっぱり勝てない。そうこうしていると決着の着かない戦争に先走った鷲尾が鈴蘭の体育館に放火!丸焼けになってしまい、何とか鈴蘭を纏めなければ感が強い辰川時生(桐谷健太)は源治に業を煮やし、前回手術した頭を庇いながら自分が決着を着けると源治に食ってかかる。時生がひつこくヤイヤイ言うので殴ろうとするのを芹沢に止められ、腐ってクラブSで飲んだ暮れていると親父の滝谷組長(岸谷五朗)が現れ、「鈴蘭を纏めたのか?」と聞かれる。そして「掛かって来てみろ」と言われ掛かっていったらあっさりぶちのめされる。その帰り、タバコの火をつけようとして点かないライターにイラっとしていると一人の男が火を点けてくれた。

クローズZERO12
高岡蒼輔演じる伊崎と山田孝之演じる芹沢のVSも見どころ!

その男こそ凰仙の頂点に起つ鳴海だ。そうとは知らず「ありがとう」と答える源治。一方、川西は墓参りに行って来たからと矢崎を再度訪ねる。が矢崎は病気なのか?生気もイマイチなく断られる。組員たちはそんな先行きの知れた御輿を危ぶみ川西に源治の親父、滝谷英雄を始末したら構成員に加えてやると唆され、スナイパーとなり滝谷英雄を襲撃!病院に運び込まれた親父の下へ駆けつける源治・・・公私共に何とかしなければ状態になり、やっとこさ源治はその気になるが、どうやって鈴蘭を纏め、どうやって凰仙との抗争にケリを着けるか?悩んだ挙句、放送室に行って全校放送で呼びかける。G・P・Sの面々も一緒に戦ってくれるようリクルートに精を出すも全く人が集まらない。

クローズZERO04
借りたものはちゃんと返す律儀な小栗旬に一目置く金子ノブアキ

伊崎に手を貸せ!と頼まれてやって来た狂犬の福島ヒロミ(大東俊介)率いる1年生トリオにも「顔は出してんから義理は果たしたで!」とさっさと離脱されてしまう有様。すると、源治は何を思ったか?G・P・S解散宣言をする。自ら戦線離脱を仄めかし去っていく源治。嘆く忠太、憤る牧瀬を他所に伊崎は「そういう男ちゃうやろ?あいつ・・・独りでケリ着けに行ったんや」という言葉に三上兄弟も唖然!独り凰仙に乗り込み、鳴海にタイマンで勝負しょうと申し出る源治。とその前にタバコを1本取り出し、鳴海に咥えさせ「借りは返しとかなな?」と火を着ける。そして凰仙スキンヘッド軍団に突っ込んで行く。その頃、川西も仕留められなかった滝谷英雄を再度襲撃するが拳に止められ、命の大切さを教えられると共に拳のお陰で滝谷組からも事なきを得る。

クローズZERO08
無謀にも独りで乗り込んだ小栗旬!

凰仙幹部たちの的場闘志(阿部亮平)、熊切力哉(大口兼悟)、芝山隼人(蕨野友也)は「何?温いこと言うとんねん!」とキレる。漆原凌(綾野剛)に限っては「?」でベトナムスタイルの日傘を差したまま不気味にボヤ〜っとしている。鳴海は源治に「上がって来れるものなら屋上まで上がって来い!」と言い残し、姿を消す。そして凰仙幹部たちも源治一人の多勢に無勢を嘲笑している場合ではなくなる。そう!鈴蘭のカラスたちが遂に群れたのだ!それはもうヒッチコックの「鳥」を彷彿とさせる不気味さで!芹沢の口から「ウチの大将どないしてくれんねん!」という言葉が発せられるや否や!大乱闘に!運動場から校内へ雪崩れ込む様にして乱闘が繰り広げられ、カラス達は源治を屋上に向かわせようと戦う!闘う!

クローズZERO11
総勢500人での大乱闘は相当な迫力がありました!

忠太は校内エントランス付近でスキンヘッド軍団を食い止め、牧瀬は大人数相手に教室へ雪崩れ込むと鳴海は気楽そうにホイルで包んだおにぎりを頬張り、パック豆乳を飲んでいた。「ん!?俺のお客さんやからアッチでやれ!」とスキンヘッドの兵隊達を追い出し、牧瀬と向き合う鳴海。が、「何て書いてあるか?読んでみぃ!」とキレる。そこには「校内土足厳禁!」の張り紙が(汗)他所では戸梶勇次(遠藤要)が伊崎と共に戦い、お互いに「足手まといになるな!源治を上に行かせろ!」とタッグを組む。時生は大人数のスキンヘッド相手にヘッドギアをして闘うも頭を強打する。が、もしもの時(頭をカチ割られた)にと三上兄弟に渡されセメダインを握り締め「そんなあほな!」と俄然やる気で大暴れ!

クローズZERO05
五分五分の勝負なんだけど・・・小栗旬の方が金子ノブアキよりひつこかったのでWIN!

そして芹沢は源治と共に屋上へあと一歩のところまで到着するが、階段には机と椅子が積み上げられ行く手を拒まれている。芹沢は「どかせっ!」とカラス達を指示し、ようやく源治を屋上へと向かわせようとしたら日傘王子、漆原凌に「鈴蘭の野獣と戦えるなんて光栄です!」と呼び止められ、源治は「あぁ〜君ぃハズレ引いてもたわ〜」と漆原凌に気の毒そうな眼差しを向け屋上へ。芹沢は源治が屋上へ向かったことを見届け、日傘王子凌と対峙する。日傘王子も強いのなんのって!穏やかそうな涼しい顔をしてやることは惨たらしくエグイ。が、芹沢、ひつこく蹴ってくる日傘王子にキレてしまい源治の忠告通りノックアウト!

クローズZERO03
鈴蘭カラスの見守る中、卒業記念最終バトル!小栗旬は深水元基を倒せるのか?

そして屋上の源治。はぁはぁ行って上がって来たら鳴海がミネラルウォーターを飲んでいて、そのペットボトルを源治に放り投げ、受け取った源治はゴクゴク飲んで一息。でぇ〜時間にすると約5分ぐらいか?かなり長く激しいVSシーンが続き、その現場を目のあたりにしていた鷲尾が徐にナイフを取り出す。と、静観していた美藤竜也(三浦春馬)の鮮やかな蹴りでナイフが飛ばされ、尚も激闘シーンが続く。まぁ源治が勝つんだけど・・・凰仙の悲しき過去、美藤真喜雄刺殺事件にまつわる凰仙学園が背負っているトラウマは払拭され、鳴海から竜也へとその強さは継承されることになる。でぇ〜一件落着後、3年生は全員そろって卒業出来る運びとなるんだけど・・・源治、凰仙学園との抗争よりも譲れないリンダマンとの一騎打ち!

クローズZERO15
リンダマン目掛け跳ぶ小栗旬!

「ひつこいわぁ〜」と鈴蘭全校生徒が呆れながらも芹沢たちの見守る中、リンダマン目掛け、最後とばかりに跳んだ源治!遂に倒すの!?どうなるんだろう?で終わり。


クローズZERO 2 THE BLACK BIBLE 色んなエピソードが認めてあるらしいクローズZERO恐鯊凌圭顱

いやぁ〜「クローズZERO供廛泪犬婆滅鬚ったです!ホントに!ただの不良モノに非ずだったので、飽きずに見られたのは確かです。今回で完結するという「クローズZERO」。並行して、各キャラクターを演じた俳優達も不良モノから総撤退を余儀なくされる年齢なんですよね。あの大乱闘シーンを見せられた日にゃぁって、ならば奴らを根こそぎ戦国時代へタイムスリップさせて欲しい!というぐらい迫力があったので、三池崇史監督には是非とも大人数起用可な天下分け目の関ヶ原、もしくは幕末、戊辰戦争ぐらいで奴らをもう一度蘇らせ大暴れされて欲しい!と真剣に思ったほどの映画「クローズZERO供廚任靴拭

クローズZERO09
彼らも加齢のため、不良少年の足を洗う時期なのよねぇ〜

内容そのものは凄く単純なんですが、原作同様、「クローズZERO」は何でこんなにもこの魅力的なんだろうか?不良モノっていってもこの「クローズ」に出て来るこいつらは綺麗し全然汚れていません!不良と言えば?喧嘩もするけど学校なんて辞めちゃってドラッグに女、カツアゲ、恐喝、窃盗、傷害、暴力団組員になれば部屋住み、もっと酷ければ集団リンチで殺人、死体遺棄の何処まで行くの〜?なのが不良のイメージですが、こいつらは喧嘩しかしない。っていうか、学校に行っていること自体が凄い!世間一般の不良少年にしてみれば高校なんて、義務教育だけでは格好悪いっていう親の世間体基準みたいなモンだろうし、何ら魅力的な場所でもなくなるはずなんだけどなぁ〜

クローズZERO10
凶暴な兵隊を抱える凰仙軍団ですが清潔第一!ってぐらいスッキリしてる。

だけど、「クローズ」の奴らにしてみれば自分の学校に対する思い入れは、灘校、ラサールのような優秀名門校の卒業生よりも誇りに思ってるかも?っていうぐらい皆、学校大好き少年なのよね(驚)あれだけグレてたらわざわざ学校へ行く必要も無くなると思うんだけど(笑)学校好きのK1ファイター養成スクールみたいな感じ(笑)スポーツマンシップに則って喧嘩してるのよ。だから汚い手や卑劣なマネ(相手を陥れる程度)をするキャラは実際のえげつない不良少年と同等(上記記述の一通り)ぐらいに汚れて見えるのよ(笑)山田孝之演じる芹沢多摩雄なんて最凶に強いくせに最強に貧乏だからって生徒相手にカツアゲもしないで、ちゃんと無理のない堅実な商売(10円単位)をしているところが何せ笑える。

小栗旬演じる源治だってあれだけ魅力的であれだけ強いんだから女になんて事欠かない風なんだけど、「一発やらせろ!」って黒木メイサ演じる逢沢ルカに言って、「いいよ」と即答されドン退きしビビるの(爆笑)喧嘩で血まみれ、泥だらけ、ズタズタで見た目は徹底的に汚れているんだけど中身が綺麗なのよねぇ〜眩しいぐらいに。去年の夏ぐらいに凰仙の願書(オーディション)受付が始まり、入学、転入して来た奴らもまた綺麗だったな。逆に武器を持つこと、持たれることに異常なまでのトラウマを生徒全員が背負ってたみたいな感じの凰仙トップ鳴海大我を演じた金子ノブアキが印象的だった。綺麗というよりも凰仙学園はクリエイティブなの。喧嘩にしても、制服(血で汚れたらクリーニング!)にしても、校内にしても徹底して汚さない!

クローズZERO06
黒木メイサの他に高橋努の彼女と岸谷五朗の変な妻も出て来るんだけど・・・小栗旬と黒木メイサの絡みもちょっとだけでした。

統制が取れているというだけで美しいの!勝ち負けよりも寧ろ技量や力量に拘ってるみたいな感じ。パンフレットにやべきょうすけの解説が掲載されているのだけど、金子ノブアキのカラー、キャラが全面的に生かされてるって書かれてました。精神的部分も超卑劣男の烙印を押されてしまった鷲尾郷太を演じた波岡一喜も小栗旬VS金子ノブアキのタイマン勝負の清さに改心させられるぐらい清潔!ホントに喧嘩、喧嘩、喧嘩!三度の飯より喧嘩が命!な奴らばかりだから小賢しいVシネマ風心理戦重視のヤクザモノみたいな退屈さもなく、スポーツ観戦している感じさえあるから、これまでの不良モノとはちょっと違う印象を受けたのかもしれない。

あと、山田孝之がずっと靴を履いていなかったのね。喧嘩する時は履いてるんだけど、それほどまでの芹沢家の家計状態悪化を連想するシーンや、伊央登、右典兄弟の関西系ノリとツッコミが至る所に効いていて、凰仙軍団が去って行く際に「一休さんたちぃ〜母上様によろしくぅ〜」とか、桐谷健太が奮起するシーンでは「遂にセメダインを使う時が来ましたねっ!」とか、台詞自体を伊兄弟が考えているっていうから、普通にバラエティでもやっていけるセンスがあったり、僅かな女登場シーンでは恋愛にも発展しない簡潔さ!だけどイケナイ男、高橋努にだけ特別に淡いラブストーリーを用意してあげるってとこに三池崇史監督?脚本の武藤将吾氏?のお茶目なところが垣間見れたりも。

クローズZERO07
伊央登、右典兄弟はユーモアのセンスもバツグンだけど普通にしてたらどっかのコレクションのランウェイを歩いてそうなツインズです!

と何処をとっても面白く仕上がっているイケメン不良少年福袋的映画「クローズZERO供廖という訳で、とにかく熱い映画です!女優出演率がめっちゃ低く、男だらけで単に暑苦しい映画かも知れませんが「行ってまえー!」とK1ファイトを見るが如く熱くなれる映画間違いなしでした。そして何よりも卒業だというのにひつこくリンダマンに食い下がり挑み続ける小栗旬が絶対に譲れなかったものとは?どうしても勝てないリンダマンとの頂上決戦だった。もうええ加減勝てよ!(イラっ)と呆れさせられながらもラストシーンで山田孝之が清水の舞台から飛び降りる覚悟で賭けた1000円(芹沢の経済状態から見て)という大金に全てが物語られているんだな?と。

あ、そういえば2年生の武装戦線、坂東くんたちが何処をほっつき走っているのか?登場して来なかったなぁ〜あと、哀川翔が友情出演してたけどホントに一瞬チラリだけだったので何処に出て来たかも憶えてない(汗)上地雄輔が怪我をしたという筒本将司の乱闘シーンは凰仙キャストとの立ち回りだったことから実際に凰仙キャストと鈴蘭キャストの間で嫌な空気が流れたとか曰く付きシーンになっていたり見れば見るほど面白いと思った。ということで、謎の小栗旬最後の飛び蹴りシーンは・・・リンダマンこと深水元基を遂に倒したかも?なドキドキ不良少年映画「クローズZERO供廚任靴拭


クローズZERO 2 OFFICIAL PHOTO BOOK 美味しいところをギュッと詰め込んだショットが満載!

にほんブログ村 芸能ブログ エンターテインメントへ ←小栗旬は重いエンジニアブーツでも飛び蹴り出来ちゃう!ぽち
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ←山田孝之は靴を履いていなくても強い!ぽち
ブログランキング ←金子ノブアキの腹筋は華奢ながら綺麗に割れてる!ぽち
人気ブログランキング ←三浦春馬が美藤竜也なら納得!ぽち
←桐谷健太の脳ミソと頭蓋骨は不滅です!ぽち

 クローズZERO

JUGEMテーマ:クローズ

スポンサーサイト

pagetop