September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

超贅沢なTBSドラマ「新参者」のゲストとメインキャスト

今クール(春ドラマ)のドラマの中で超!と付けても足りないぐらい贅沢なドラマがTBSドラマの「新参者」。キムタクこと木村拓哉を思い切ってぶつけて来たフジテレビの秘密兵器ドラマ「月の恋人」だって軽ぅ〜く凌いじゃうぐらいの贅沢さだ。キムタクドラマ「月の恋人」については改めて毒記事をアップするとして、「新参者」の魅力についての駄文を炸裂させたい!だってぇ〜どんだけ出す気?というぐらい、殺人事件に纏わる人形町の人々として登場する豪華ゲスト俳優たち。

あらすじだって原作が東野圭吾の人気シリーズの最新作とあって話の筋が通らない筈が無い。まさに活字の東野ワールドをいきなり2Dではあるものの3Dの映像にされたって感じのドラマだ。メインキャストだってうわっ!めっちゃ濃い!な面々が勢揃い!主人公、加賀恭一郎に安倍寛を起用しただけでナンか凄いドラマになりそう・・・と変な期待を寄せてしまうよね!まだ原作を読んでないのだけど、主人公のキャラ設定はどうなんだろう?完璧やなぁって感じなんだろうか?


原作の新参者はまだ読んでないのだけど・・・読みたい!

しかも脇を固めるのが原田美枝子、泉谷しげる、三浦友和、笹野高史、木村祐一と一癖も二癖もありそうな俳優さん、若手も溝端順平、向井理、黒木メイサと今をときめくイケメン俳優とワイルドな女優!制作費どれだけ使うんやろ?とTBSの財政を心配してしまうぐらいの毎回のゲスト俳優たち・・・もう贅沢を通り越して俳優名鑑でも見ている感じのドラマなんだけど、あらすじは東野ワールド!サスペンスドラマならよく伸ばして2時間で解決するような殺人事件をご本人も楽しんで書いたんだろうなぁ〜と思わせるコメントが・・・

公式サイトに「立ちはだかるのは、人情という名の謎」というキャッチコピーとともに掲載されていて、一人を描こうとすると関係者を描かざるを得なくなり、その人達のドラマと謎が次々と繋がり・・・云々と書き上げた時の達成感をコメントされている。その通り、何でもないような事件、といっても非日常的な殺人事件が人の目を通し、人情に絡まったら誤解や嘘、思い込みの力によって変なところへ行ってしまうというのが、本当に丁寧に描かれていてストーリーも面白いから極上ドラマといっても過言では絶対ない!

和樂 2010年 06月号 [雑誌]
和樂 2010年 06月号 [雑誌] 人形町、小伝馬町のイメージとしては雑誌「和楽」な感じ?歴史的とか古臭いとかっていうより和をお洒落に魅せたっていう感じ。

因みに第一話「煎餅屋の娘」では、保険会社営業マン田倉慎一に香川照之、人形町商店街の煎餅屋「あまから」の祖母聡子に市原悦子、その息子で店主の文孝に小林隆、その娘の菜穂に杏がゲスト。

第二話「料亭の小僧」では料亭「まつ矢」の女将の頼子に夏川結衣、女に現を抜かし何もしない主人の枝川泰治に寺島進、板前見習いの佐々木修平に石黒英雄、主人の愛人アサミに宮地真緒。

第三話「瀬戸物屋の嫁」では瀬戸物屋「柳沢商店」に嫁いだ嫁麻紀に柴本幸、その姑鈴江に倍賞美津子、二人の間に挟まれている頼りない夫にして息子の尚哉に大倉孝二。

第四話「時計屋の犬」では寺田時計店店主の寺田玄一に原田芳雄、時計店の従業員米岡彰文に恵俊彰、玄一の嫁志摩子に松本じゅん、娘香苗に波瑠、香苗駆け落ちとした婿沢村秀幸に心之助。

第五話「洋菓子屋の店員」では殺人事件の被害者三井峯子(原田美枝子)の友人真知子に綾戸智恵、峯子の息子の清瀬弘毅(向井理)の彼女青山亜美(黒木メイサ)と間違われたケーキ屋「クアトロ」の店員・北村美雪に紺野まひる、亜美のバイト先「黒茶屋」のマスターに八代英輝などチマチマしたところにまで、え〜こんな人まで出てるの!?と驚かされる。あと毎週主人公加賀恭一郎の安倍寛がたい焼きを買えなかったり、松宮刑事(溝端淳平)の上司で事件の指揮を執っている主任小嶋一道(木村祐一)のお惚けトイレシーンなど贅沢な仕掛けが至る所に配されているのも魅力!

次週だって峯子(原田美枝子)の親友多美子役に草刈民代、その恋人コウジ・タチバナ役に谷原章介が控えてる。普通、視聴者は事件の真相を追って犯人を推理したりするよね?が、このドラマに限っては毎回のゲスト俳優に圧倒されて犯人探しも忘れるぐらい、何処に誰が出てるのか?チラリチラリと見せられる町並みに溶け込んだ人物を探しているうちに犯人が誰なのか?はぐらかされてしまって、もしかしてこれが東野圭吾×TBSのコラボのドラマの意図か?と裏の裏まで掻いて結局「面白いわぁ〜」とシンプルにざっくりした感想しか出て来ないドラマなんです。そして毎回泣き要素もしっかり盛り込んでくれているのでホロリとしたうるうるもアリなので絶対見た方がお得なドラマですよ。


街物語(まちものがたり) ラストに流れる山下達郎の物語にピッタリあった贅沢な主題歌。

にほんブログ村 芸能ブログ エンターテインメントへ ←今回ばっかりは犯人の目星がつかないぽち
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ←怪し気な人物といえば・・・ぽち
ブログランキング ←いっぱい出て来てる!ぽち
人気ブログランキング ←でもキャッチコピーのとおり・・・ぽち
←人情に邪魔されて振り出しに戻っちゃう!ぽち

JUGEMテーマ:新参者

スポンサーサイト

pagetop