一定期間更新がないため広告を表示しています

JUGEMテーマ:バストアップ

もっとバストをデカくしたい!サリーちゃん(昔むかしのアニメ)の足化したふくらはぎを何とかしたい!いやぁ〜最近太っちゃったのよねぇ〜。痩せなきゃっ!(焦)などと女性ならば誰しも夏を迎える前にボディメンテナンスをして、ビーチで優越感を満喫したい。DragonWomanだってそうだ!ビーチにまで行って曝け出さずともスパワールドぐらいでは抵抗を感じず過したい。が、マイナス面だけでもない。太った勢いでバストがサイズアップしたのはコトの外、嬉しい出来事ではあるのだ。でもなぁ〜それ以上にウエスト、ヒップ、挙句の果てに背中にも脂肪がまとわり付いちゃって「何とかせねば!」と焦っている。

DragonWomanの貧乳話で引っ張るのもなんだから、さっさとタイトルの「タイ、性転換技術のスゴさ」について、思ったことをまとめるとしよう。私の帯に短し襷に長し的な悩みなんて、タイへ全面改造しに行けば元が女性なんだから男性が女性の身体になるよりかは遥かに簡単でキレイに仕上げてくれるのではないか?ということ。悩みの解消をしてくれるなんてモンじゃないだろう。見て欲しい!この美しさ!そこら辺のベッピンさんなんかと比べ物にならないぐらいの美しさだ。が、元は男性だ!どうよ?期待してしまうニュースじゃないか?だが、かなりの勇気とお金が必要になるかも知れない。

因みに、DragonWomanのオトコの連れが離婚してからと言うもの、しょっちゅうタイへ一人旅に行くので、4、5年前にワコールのランジェリー(タイではワコールのランジェリーが種類も豊富で値段も激安だとか)と、なんちゃってDIESEL(ディーゼル)のTシャツをお土産に頼んだことがある。ヤツはリフレッシュしに行くというのが目的のようだったが、当時から「ニューハーフの妾でもいるんじゃないか?えぇ〜?(疑惑)」と疑ったりしていた。「アホなっ!!」と片付けられていたのだが、お土産と共にすんごいネタを持って帰って来た。

遂にタイの性転換者と接触してしまった!と言うのだ。スコールのために立ち寄ったBarで知り合ったタイのお嬢さんを滞在しているホテルにお持ち帰りしたらしい。酔っぱげているからされるままになっていたのだが、その気になってパンツを剥ぎ取ったら竿がまだ残っていたのだ!と・・・一気に酔いが醒めたとかで、「やっぱりタイの女性は貧乳がいないんだなぁ〜、デカイわ!このブラ!」と連れの話も聞いているか聞いていないか?のDragonWomanに涙ながらに訴えられてもねぇ〜「気持ちよかったんでしょ?」と追い討ちを掛けてしまった私は根っからのKYなヤツかも知れない。

「形は女よりも女性なんだから!」といっても、元が男性だという事実は男性諸君にはまだまだ抵抗があるのだろうか?男、女に関わらず人がカミングアウトするという感性よりも、タイの性転換技術のスゴさが非常に気になるアレ!でした。だって、個々人、男性性、女性性を必ず持っているのが人間なんですからぁ〜ねっ?貴方はどう思われます?

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL