一定期間更新がないため広告を表示しています

JUGEMテーマ:今日のキーワード


白昼のアキバを襲った事件。何とも無惨な事件だ。無惨というより理不尽過ぎる。トラックでいきなり突っ込んできて、人をはねたにも関わらずナイフを持って降りてきて、暴れたらしい。犯人の加藤智大容疑者はまだ25歳という若さだ。何なの?不可解な・・・普通、こういう事件が起こると「あぁ〜ポン中じゃないの?」とスグに薬物中毒者の犯行と決め付けてしまいがちだが、このご時勢だ何時ストレスのために気がふれるとも限らない生活を現代人はしていると思う。

ポン中(覚醒剤中毒の意。何故ポンというのかは不明。ググったら出て来るかも知れないが興味が無いので調べていない)だったとしても、薬物のイキ過ぎで錯乱状態で起した事件なんかはよく、精神病院のような更生施設で刑を服役していると聞く。そんなぁ・・・この事件では次々と秋葉原の歩行者天国を行き交う人々を襲って、かなりの死傷者が出ている。病院に駆けつけた家族が呆然とする中、被害者は次々と息を引き取っていったというニュースが痛ましい。なによりもドラッカー、ジャンキーだからといって事件をうやむやにして欲しくない。

日曜日だったから普段のアキバより人通りは多く、加藤智大容疑者が突っ込んだトラックに撥ねられ、斃れた人達に駆け寄った警察官にも刺しかかったとニュースで報道されていたが、普通に考えて錯乱状態でなければ、いくら覚醒剤中毒でも警官にまでは襲いかからないだろう。もし加藤智大容疑者が錯乱状態(法的には心神喪質というのかな?)での犯行なら頂点に達するぐらいの興奮状態で自分が犯した殺人という事実を冷静に戻ったとき思い出すのか?罪の意識はあるのか?なければ被害者、遺族があまりにも痛まし過ぎる。

こんな通り魔事件で何人も亡くなられ、またも日本は治安のいい安全な国というイメージが崩れる。そんな目を覆いたくなる事件なのに2ちゃんねるでは「秋葉原で刀振り回し大惨事」などと犯行予告とも取れる書き込みがあったらしい。『2チャンネルの掲示板では5月27日午前2時39分「秋葉原で忍者姿の痴漢が刀振り回し大惨事!」とのタイトルとともに、「6月5日以降絶対事件起こるだろうから先に立てとくね」との記述があった。』とライブドアニュースで時事通信社の記事が掲載されていたけど・・・ふざけ過ぎ!人の命を何だと思ってるのか?8日白昼の秋葉原惨劇が気になるアレ!は、ホント世の中どうなっているのか?解らないアレ!でした。



汚れし血もて償え
突然乱入してきた麻薬中毒者に惨殺された。事件は、単なる通り魔殺人として処理され、犯人の久保木は心神喪失

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL