April 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

無印良品が高価格帯専門店を展開?の気になるアレ!

JUGEMテーマ:社会の出来事

えぇ〜DragonWomanのお家は殆どのモノ、家具からお箸に至るまで無印良品のモノが多い。多いってもんじゃない。殆どが無印良品のモノだ。好きっていっちゃあ好きなんだけど・・・安っぽいと言われることもたまにあったりする。インテリアに凝れば凝った分だけお金も掛かるし、労力も掛かる。なのでとりあえず無印良品ならOKか?という具合に我が家には無印良品のモノが溢れかえっているのだ。が、ココへ来て何と!あの無印が高価格帯専門店を展開するというニュースを目にした!流通業界ニュースさんというサイトでの「良品計画 高価格帯専門店展開」という記事だ。


無印良品の「改革」

流通業界ニュースさんによると去年オープンした「MUJI東京ミッドタウン」が富裕層のお客さんに受け入れられ、人気店となったことから良品計画(無印良品のお父さん)は気をよくしたんだろうなぁ〜主力店の「無印良品」より高価格帯の商品を揃えた店舗を首都圏で展開するらしい・・・手始めに来月下旬から新宿を皮切りに3年で5店舗を展開するんだって!ふぅ〜ん・・・これまで散々無印漬けにしておいて、我ら無印良品ユーザーを置いていくのか?そりゃぁないぜ!って言いたくはなるんだけど、そこはポジティブに考えて、お客さんの方も無印に続けぇ〜とばかりに出世したいものだ。




その良品計画が目論んでいる富裕層向け高価格帯専門の一発目の新宿店は松竹のシネマコンプレックスのビルに入る予定とのこと。これからは駅周辺の坪単価がビックリするような価格の立地でこじんまりとした店舗にテーブル平均価格約20万円前後の商品などを販売していくらしい・・・それはいい!が、流通業界ニュースさんの記事そのままを引用させて頂く「同社は高価格帯の店舗展開と並行し、売り場面積を従来の半分程度の400平方蛋宛紊僕泙┐娠愾宛け小型店の出店も急ぐ」と怖いことが書かれている!

無印良品を復活させたしまむら商法―体質を激変させる究極の「ムダ取り」の真髄
無印良品を復活させたしまむら商法―体質を激変させる究極の「ムダ取り」の真髄

何それ!無印良品の店舗を縮小する気?聞き捨てならないわ!無印良品の業績がどうなっているかは知らないけど・・・IDEE(イデー)を傘下(買収)にしてからというモノ何なの?純粋に無印良品のコンセプトが気に入っている無印ユーザーをバッサリ斬るつもりかしら?どうなの???DragonWomanもそうであるように長年愛用したモノ、ブランド、メーカーというモノはある意味、使う者にとっては身体の一部化している場合があるから、高くなろうが買わざるを得ないかも知れない。顧客のその辺の意識改革はもう既に完了済みかも・・・恐るべし良品計画!

無印良品VSユニクロ―小売りを塗り替えるSPA戦略のすべて
無印良品VSユニクロ―小売りを塗り替えるSPA戦略のすべて

因みにDragonWomanはこれまで無印良品の家具がめちゃくちゃ安いなんて思ったことはない。っていうか、殆どの家財道具が無印良品なので合算するといくら使ったのか?解らないぐらいだから・・・上手い具合の価格設定なのよ!(笑)高額でもなく安モンでもない。が、丈夫なので阪神大震災以降、無印良品で買い換えた家具達が未だ買い換えなくてもOKなので、元は十分に取れている。そう考えると安いか?まっ!消費者からすると無印良品VSユニクロ(UNIQLO)の死闘はまだまだ興味があるものの、どちらも何処へいってしまうのか?暖かい目でみるしかないか?

無印良品のふしぎ
無印良品のふしぎ

スポンサーサイト

pagetop