December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

竜馬がゆく!の気になるアレ!

坂本竜馬(龍馬?)・・・DragonWomanの理想とする男性像だ。ただし、司馬遼太郎氏が書く竜馬スタイルがベスト!あんなにお茶目でシャイでカッコイイ男は今まで会ったことはない。確かに本の中、歴史上の人だからしょうがない・・・にしても、とにかく憧れていた。殆ど初恋というぐらいの思いようだったなぁ(照)腕に憶えがあって、当時の日本国ではトンでもなマーケッティング発想、女には晩熟だけどやるときはヤル!人を惹き付ける魅力があって、人をたぶらかす技アリ、人を発掘する術(三菱の創始者、岩崎弥太郎氏をアゴで遣ってたでしょ)持ち合わせている竜馬。

竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)

あぁ〜カッコイイ!司馬遼太郎先生がいなければ、あんな竜馬には逢えなかった!なんで死んじゃったのよ!えっ!?誰が?って司馬遼太郎先生がね。残念で仕方が無い(泣)司馬遼太郎という小説家が脚色した当時の幕末の日本国、人物がどれも好き(酔って候の容堂公もその酔っぱげぶりがはっちゃけてるから柳ジョージがテーマソングまで作ってくれた!王城の護衛者の会津、松平容保公の不器用なほどの忠誠心で泣かされたのは堀内孝雄の愛しき日々が拍車をかけた)だったので、現在放送中のNHKの大河ドラマ「篤姫」を見てもぜんぜん感動しない。だったら菅野美穂演じる大奥の篤姫、天璋院(フジテレビ)の方が根性があって良かったなぁ。テーマソングだったI SAY A LITTLE PRAYER(小さな願い)がカバーされていたのも良かったし・・・

I Say a Little Prayer and Other Hits

I Say a Little Prayer
ダイアナ・キング(DIANA KING)の方がメジャーか・・・な?

えっ!?なんで、いきなり竜馬だったか?Lightning(今月号はオススメ)っていう雑誌で「アメリカンカルチャー大事典」なる特集が組まれていて、幼い頃のDragonWomanがソニープラザやミッチャン(神戸にあった輸入雑貨のお店)でアメリカンなモノに目を輝かせて物色していた頃を思い出しつながりに、竜馬も当時の交易で見たこともない海外のグッズ、輸入雑貨にワクワク、ドキドキ感を味わっただろうと思ったから(単純な発想)っていうか、幕末の志士とは名ばかりな、あの竜馬の新しいモン好きのキャラクターイメージを完成させてくれた司馬遼太郎氏に今でもゾッコンだぁ〜(←今時こんな表現はしない死語だな)ってことで、竜馬がゆく!の気になるアレ!はLightningの今月号「アメリカンカルチャー大事典」でした(何のこっちゃ?と自分でツッ込んでおく)何はともあれ竜馬にはWescoのブーツ、2008年限定モデル「ダートマスター」を履かせてあげたかった!タイムボカンっ!があればなぁ〜

Lightning (ライトニング) 2008年 05月号 [雑誌]

お問い合わせがクレームに変わる気になるアレ!

突然ですが、皆さんは企業に対して何やかんや(ん?関西弁?)のお問い合わせをされたことがあるかと思うんですが・・・うぅ〜んと要は通信販売やインターネット回線、あるいはパソコンの操作や状態についてなど、企業(販売者や製造元)のサービスにお問い合わせをされたことがあるか?ということなんですが・・・今回の気になるアレ!は日経ビジネスオンラインさんの「デキルヤツノ条件」というコラムを書かれている降旗 学氏の「クレーム処理は出来ていますか?」という記事から、「おぉぉっ!解るわかるその気持ち!」というような同感に値する気持ちになったので、皆さんもただのお問い合わせが突然クレームに豹変したことはないか?と気になったという訳です。



たまたま、あるリサーチサイトの「パソコンのアフターフォローについて」のようなアンケートに答えてから、そう日も経っていなかったのと、DoragonWomanが使っているPCのカスタマーサービスを思い返し、ただのお問い合わせで連絡したのがカスタマーサービスで対応した担当者の態度や受け答えの悪さに問い合わせ内容が突如!クレームに豹変し、立ってもいなかった腹が直立不動になった経験を思い出したんですね。そもそもDragonWomanはMacPCには憧れてはいるものの、長年Windowsを使っているので操作を一から覚えるのも大変なこと、またSONYのVAIO君のデザインが好き!というただの好みで約2年間隔で買い換えるほどVAIO君をこよなく愛しているのですが・・・っていうかDragonWomanのSONY好きはVAIO君に始まって、TVもDVDレコーダーもサイバーショットだって今年で3個目だ!



そんなリピートユーザーであるDragonWomanのただのお問い合わせを、あの世界のSONYは自社製品に愛情も持っていないような、もしかして下請け業者を使っているの?のような冷たい対応の社員にカスタマーサービスをやらせるのはどうか?と思う!3ヶ月おきぐらいで新製品を開発、デビューさせるパソコン業界にも問題があるのかも知れないが、現存する自社製品の特徴や操作内容ぐらい即答できるもの!とユーザーは踏んでいるのに・・・「少々お待ちください」と言い残し、何分も待たせた挙句、ユーザーの問い合わせ内容自体をマニュアルに添ってのみ対応するのはどうなんだろう?っていうか、カスタマーサービスを担当する人達は問い合わせしてくる奴等のスキルを話す内容で予め予見し把握するべきだ!どれぐらいのスキルがあってどんな事をしたいのか?どんな事で詰っているのか?ぐらい話している内容と話し方で見当が付くというものだ。



バカ丁寧に対応してくれイライラしてくる時もある、かと思えばスンごいスキルを持っているユーザーと勘違いされ技術的な、また専門用語を使われチンプンカンプンのヘキサゴン供帑恵竸粥彎態になったこともある(汗)関西弁でいうところの「ええ按配」っていう対応はないのか?そう!SONYさんだけでなく、カスタマーサービス、お問い合わせ窓口を設けている企業に告ぐ!ユーザーの心理を操れるエキスパートな達人社員を揃えるべし!豊臣秀吉バリの人誑しの術で「この会社はいつ問い合わせても誠心誠意、迅速丁寧、安心だから!」という理由付けをさせる!そんなユーザーはちょっとやそっとでは浮気はしない。時給1200円程度で派遣社員をアゴで使っている場合ではないぞ!と、ユーザーサイドでは思うのだが、パソコンだけでなく、日々多種多様に自社製品が開発生産される企業サイドにしてみれば、新製品、リニューアル製品に加え既存製品の全てを把握するのも無理があるのだろう。だけど自社製品に対してのたっぷり目の愛情は持っていて欲しい!



という、DragonnWomanもそろそろMacに心変わりをするのか?うぅ〜ん・・・でも慣れに慣れ親しんだVAIO君の魅力は捨てがたい・・・あぁ〜気になるMacBook Air(はぁ〜とま〜く)が、iPod nanoに付いて来たおまけのりんごシールをペタっとVAIO君に貼ってからというもの機嫌がすこぶる悪い。ちょくちょくフリーズしたりする。嫉妬しているようで愛いヤツじゃ(Love)日経ビジネスオンラインさんの「デキルヤツノ条件」では降旗 学氏もコラムの最後に「あなたのロイヤリティは、どこにありますか――?」と結んでいる。

ところ変われば校則も変わる気になるアレ!

何と!ニュージーランドの小学校ではお誕生日にバースデーケーキの持込みをして、クラスのお友達に分け与えるという微笑ましい習慣があるんですね!?お昼の時間、ランチタイムの後にケーキカットして配るんだろうか?気になるなぁ〜(笑)が・・・この度、その気になる習慣が禁止になったとか(驚)何でも、ニュージーランドで6月に導入される、小学生への「不健康な食品」の販売を制限する政府のガイドラインに対応した措置だそうで、教育機関である小学校が率先するという感じ?



この小学校のボーデン校長先生は「多くの学校で誕生日の食べ過ぎが日常となっている。9月と10月生まれの生徒は特に多く、週に4回もケーキを食べることさえある」といっているところをみると、児童の肥満とかで父兄や保護者はあんまり良く思っていなかったのか?でも、当の小学校に通う児童にしてみれば、週に3、4回はあるバースデーパーティーを楽しみにしていた筈だ!っていうか、日本だったら私達父兄まで呼び出されて「学校をナンだと思ってるの!」と怒られるんじゃあないか?変わった校則もあるのね(驚)



ニュージーランドの小学校の新学期がいつ始まるのか?は知識不足のDragonWomanだけど、昨日までOK!だったバースデーケーキ分配たぁ〜いむが明日から御法度!になると、既に誕生日を迎えた児童はいいが、まだ迎えていない児童は不満が残ると思うなぁ〜大人になって変なトラウマを持たせないよう、教育関係者には心のケアにも気を使ってやってほしい・・・という訳で、今日の気になるアレ!はケーキを取り上げられた小学校の児童たちの気持ちは如何に!?でした。

ベクシル(VEXILLE)2007日本鎖国に見た気になるアレ!

また、TSUTAYAさんから、4月1日から4月6日まで利用できる準新作、旧作レンタル半額クーポンが発行されたので、DVDを借りに行った。今日のターゲットは「ベクシル(VEXILLE)2007日本鎖国」!これまで運が悪かったのか?住んでいるところからわざわざポートライナーに乗って三宮のTSUTAYAさんへ出向いていってまでレンタルするのに、「ベクシル(VEXILLE)2007日本鎖国」のレンタルがスタートしてからというもの・・・必ず貸し出し中とあってGET出来なかった。そのベクシル(VEXILLE)をやっとGETした!



DragonWomanの好みで、オタクとまではイカないまでも、ロボット系のアニメは好き。ガンダムシリーズは最近でこそ続き過ぎて何が何やら?になってはいるが、約25年ほども前から好きだった。去年、映画ではトランスフォーマー (Transformers)が上映されて、ロボット好きが再炎したのか?パチンコ屋さんのCMでDragonWomanにとって電波ソングとなった「創聖のアクエリオン」もがっつりハマって全話、Yahoo!動画で買ってまで見てしまった。ベクシル(VEXILLE)2007日本鎖国やトランスフォーマー (Transformers)、創聖のアクエリオンが、なんちゃってロボマニアなDragonWomanの気になる!を刺激するのは・・・



やはり、ロボットがカンフー映画の如く舞うように鮮やかに闘うシーンにシビレてしまうから!「格好いぃぃっ!」の言葉しか出てこないぐらい格好よ過ぎ!アムロがモビルスーツでカクカクっとした動きをしていた初期のガンダムでは表せなかった、あの動きが見ていてドキドキするから止められない!いやぁ〜アニメ大国の日本に生まれて本当に良かったと思う。各作品ともにストーリー展開にはもうちょっとスパイスを効かせて欲しいところもなくはないが(汗)技術の進歩で見るものを魅了(興奮させる)するには映像と音楽だけで十分かもしれない。



そんな、なんちゃってロボマニアなDragonWomanのベクシル(VEXILLE)2007日本鎖国に見た気になるアレ!はベクシル(VEXILLE)の最初のシーンで登場する可愛げな卵型ロボットに似た東芝さん開発のApriPoko(アプリポコ)っていう、会話をしてテレビやエアコンなど電気製品のリモコンを人間に代わって操作する卓上型ロボット。愛いヤツなこのApriPoko(アプリポコ)、形状がなんとも可愛らしいが発売は未だ未定だとか・・・。可愛いロボットといえば、ホンダ(HONDA)さんのASIMOくんも可愛いっ!ロボットといえばトヨタさんも頑張っている→ライブドアニュース「トヨタ パートナーロボットが演奏会

いつ、なぜ?ストーンヘンジの謎の気になるアレ!

巨石遺跡のストーンヘンジ(Stonehenge)も気になるが、なにやら宗教色漂う人達が集まっているのが気になる!宗教色なんていう言い方は良くないな(反省)信仰心の篤い人達なのか?が、こういうスピリチュアルゾーン、あるいはパワースポットで瞑想したら、それだけで悟れそう!と、思うのは甘い!人間の思考範囲なんてたかが知れているし、逆に人間の秘められたパワーなんて図り知れないのが宇宙の法則!おぉっ!出た!宇宙の法則!結構興味津々なネタなので、興奮してしまうDragonWomanである。

この間、フジテレビの番組、「奇跡体験!アンビリバボー」でもミステリーサークルの真相について放送していたが、あのミステリーサークルを一瞬のうちに現出させたのは、今から30年ほど前に「宇宙からの訪問者に会えるまで自分たちは生きていないだろうから、宇宙から訪問者が来たことにしようと思ったから(フジテレビ、奇跡体験!アンビリバボー解明!「20世紀最大の謎 ミステリーサークル」仰天!」まさかの新事実から引用)という何ともお茶目な夢を見た二人の男性が夜な夜なミステリーサークルを現出させ、20世紀最大の超常現象!と騒がれ、科学者から研究者がこぞって、その謎解きに取り組んだのに・・・真相は二人の男性の宇宙への思いからだった。



巨石遺跡のストーンヘンジ(Stonehenge)だって、紀元前2550年ごろに250kmも離れたところから、運んできたというのだから大方、4560年も前に「奇跡体験!アンビリバボー」のミステリーサークルを現出させた男性達のように、宇宙への遙かな夢を抱いた大勢の人達が力を合わせ、巨石ストーンヘンジ(Stonehenge)を組み立て、宇宙からの訪問者を歓迎しようと思ったのかも知れない。「奇跡体験!アンビリバボー」のミステリーサークル同様(と言い切ってしまえば遺跡に対して失礼かも知れないが)知らなくてもOKな謎や不思議があってもいいじゃないか!いつ?何故?の疑問は人間を進化させ、成長させるのだろうが、宇宙の法則には叶わない!ねっ?宇宙の創造者さん!ってことで今日のいつ、なぜ?ストーンヘンジの謎の気になるアレ!は知らなくてもいい謎や不思議があってもOK?神様はスゴイことが出来る人間を創造したんだからやっぱりスゴイんだ!でした。

謎めいた映画「クローバーフィールド HAKAISHYA」の気になるアレ!

少し出遅れているかも知れないが、謎めいた映画「クローバーフィールド HAKAISHYA」の予告編を見た。Yahoo!オークションのサイドバナーその時何が起きたのか?クローバーフィールド HAKAISYA」という小さな広告が表示されていたのを「何?」といつもの気になるアレ!な気持ちになって思わずクリックしてしまったのだ。で、間髪入れずにトレイラーが流れて主人公のナイスガイなロブことロバート・ホーキンスの海外赴任?か、留学のお別れパーティーなのか?楽しそうなサプライズパーティーのシーンでパーティー参加者の誰か?のぶれぶれなカメラワークが流れてた。

が、いきなり地震が起こったかのようなどよめきとかなりの爆音の後、停電。直ぐにライトは付いたものの、パーティー参加者は主人公のロブ(ROB)ともにTVが置いてる部屋へ移動、TVでニュースが放送されて「局に電話が殺到しています!物凄い爆音です!!」というようなことを女性キャスターが慌てながらアナウンスしてる。TVの情報では埒が開かないと見えて、主人公のロブ(ROB)率いるパーティー参加者は屋上へ様子を伺いに・・・何か怪物らしきものが破壊しているようだが・・・???またもや距離からして1kmほど先(DragonWomanの見た目)で何かが墜落?落下?よく解らないが何かが破壊され爆発を起してる!!!

その爆破、爆撃の勢いで飛んで来た破片がロブ(ROB)達に襲い掛かり、屋上から非難!!!既にビル自体に被害が及んでいるようで、階段ではてんやわんやの大騒ぎ!みんな我先にビルから出たところ、またもや何かが破壊され、その破片(破片というには大き過ぎ)が飛んできて駐車していた3、4台の車にブチ当たり、ゴロンゴロンっっと何だ!?と思ったら自由の女神の生首が転がっていた。カメラはずっと回っているが、素人のホームビデオ、デジカメなどで起こっていることを記録していた・・・最後にパーティー参加者のひとりが「最高の夜になるぞ」って・・・あぁぁ気になるぅ〜(焦)



自由の女神の生首・・・ごろんっ!(eiga.comさんでは超詳しい内容が掲載されています)

予告編とトレイラーの内容が違うかも!と閃いたので予告編を見てみたら、軍も出動して一般人を非難させつつ戦ってた!誰と?誰か解らない!かなり大きな物体?バカでかいものらしい・・・のだけど、去年ロードショーされた「トランスフォーマー」よりも、何やら深刻そうな戦いっぷりなので敵はロボットのような茶目っ気はなさそうだ(汗)予告編の初っ端で『”クローバーフィールド事件”を記録した複数のビデオ映像かつて「セントラル・パーク N.Y.」と呼ばれた場所で回収』というテロップが表示される。ということは、既に「セントラル・パーク N.Y.」はなくなっている未来の報道、あるいはドキュメンタリーという構成ではないか?とDragonWomanは睨んだ今日の気になるアレ!は謎めいた映画「クローバーフィールド HAKAISHYA」の見せてくれない敵でした。「クローバーフィールド HAKAISHYA」は2008年4月5日ロードショーです。因みに12R指定なので我が家のRabbitGirl(兎年の女子)には付き合ってもらえない・・・誰かぁ〜〜〜

YouTubeとニコニコ動画の気になるアレ!

ネットの波に飲み込まれて何処で見た記事だったか?忘れてしまったが、2007年度のYouTube再生ランキングの上位に喰い込んだ動画にフィリピンの刑務所で受刑者1600人がスリラー(Thriller)を踊るっていうニュースがあったのだけど・・・去年、ちょうど5月頃にYouTubeでもニコニコ動画でも人気のあった動画ですよね。DragonWomanはYouTubeで見たよりもニコニコ動画で見た方がウケた。何故か?その理由はニコニコ動画の「踊ってみた」というカテゴリーにある。なので今日はYouTubeとニコニコ動画の気になるアレ!

そのフィリピンの受刑者1600人がスリラー(Thriller)を踊るっていう動画の内容自体がウケたのにも増して、ニコニコ動画のカテゴリー名が「踊ってみた」とあれば、ウケ方も尋常じゃなくなる。その上、動画とともに流れるあの弾幕!アレににやられっぱなしだった。真夜中にひぃひぃいってバカ笑いを堪えたのと、絶妙なタイミングで入る合いの手ような弾幕にえらく感動したのを覚えている。どちらかというと、YouTubeは一般的で、ニコニコ動画のそれはアキバ系といわれる達人達が結集して「ウケる」動画にデコレーションしているって感じ?

どちらにしても、YouTubeで普通に見て、ニコニコ動画で驚異的なぐらい笑わせてもらっているという感じだ。昨年はアニソン(アニメソング)を唄っている動画、ペン回し、折り紙折りの動画もニコニコ動画で初体験させてもらったが、投稿している人達の真剣さといい、その技術にも呆気にとられるぐらいスゴイものを見せてくれた。世の中にはスゴイ人達がいるもんだなぁ〜と感動の嵐。が、YouTubeだって世界中のスゴイ人達がスゴイ技やスゴイ事を投稿しているのだからしてどちらもスゴイのだけど・・・やはり、英語力に問題があるとYouTubeは敬遠しがちになってしまう(汗)という訳で、もう昨年の今頃の動画で古ボケてしまったがDragonWomanが初体験し、感激、感動、大興奮した動画『「もってけ海自」ダンスフルバージョン』なるものを載せてみた。



ニコニコ動画、何せ「踊ってみた」だ!海自が踊ってる!おぉぉ!日本もこれで安泰!これぞ大和魂ぃぃぃ!と大興奮したもんですよ。って、ちょっと右系?な思想的発想などはまったくないし、超平和主義者なのにどぉ〜いう訳か戦争ものに弱い・・・「戦艦大和」もデアゴスティーニの第1号580円の戦略に引っ掛かり、3号目にして電卓片手に全号揃えるといくらになるか?弾き出してみた結果・・・断念したという屈辱の結果に終わっている。日々、ニュースでは恐かったり悲しかったりする映像や記事が垂れ流されているが、Youtubeやニコニコ動画をチェックすると世の中そんなに捨てたモンじゃない!と実感する。こんなに楽しくてすっとぼけな動画を提供してくれる人達に悪い奴等がいるわけが無い!と思わせてくれる。そして世の中には笑えるネタがこんなにも存在していることが何となく嬉しくなる。と同時に日本が平和であることが何よりも嬉しい・・・というYouTubeとニコニコ動画の気になるアレ!でした。

1/350 艦船シリーズ 日本戦艦 大和
1/350 艦船シリーズ 日本戦艦 大和
<<back|<4344454647484950>|next>>
pagetop